みっとが考える当事者会にまつわるギモン

最終更新: 1月27日


ども、こんばんは。

ブログ更新2日連続できました★

さて今日のお題は、「みっとが考える当事者会にまつわるギモン」ということ。

私は石川県金沢市で大人の発達障害を明るく語る会「ここらぼ」といいまして、

発達障害を持つ人やその家族、支援者、医療、企業、行政など、まちぐるみで発達障害を持つ人の生きづらさや悩みを情報共有・解決案を考える会を主宰させていただいております。

端的にいうと、大人の発達障害当事者会です。

お盆のあいだ、運営についていろいろ考えたことがありまして、この1週間で考えたこと、疑問に思ったことを箇条書きにしたいと思います。

# なぜ発達障害だけ、発達障害当事者と呼ぶのか?

# 当事者とは障害を持つ本人だけを指す言葉なのか?

# 当事者会とピアサポートグループ、自助グループって何が違うのか?

# なんのために当事者会が存在するのか?

# 石川県内で1市町村1当事者会構想

ということを考えました。

1日30分で書いて、自分の考えをまとめていきたいと思います。

以上


63回の閲覧