みっくでなくてみっくですさんからのご質問に回答。


こちらは講演させていただいた際に、皆様から寄せられたご質問を掲載、大人のADHD当事者・みっとがお答えするコーナーです! ご質問をいただくことで僕自身とても勉強になりますし、お悩みなどを沢山の方に見てもらって共有することで、お悩みの解決になったり、同じ悩みがあることで「自分ひとりじゃないんだ!」と気持ちが軽くなったりなど、お役に立てればと思ってつくりました。 ※ 申し訳ありませんが回答はいち当事者の意見ですので、正解ではありません。回答の通りに実行されて万が一の場合、責任は負いかねますので、あしからず。話半分に見ていただいて、当事者の方、お友達やご家族、専門の相談員の方などからもお話を聞いてくださいね♪  

Q.就職してから1年、2年と振返って自分を見つめていますが、その時きっかけになったことって何んですか?

A.自分を見つめるきっかけになったのは、社会人3年目のときでした。仕事で大きなミスしたことをきっかけにADHDであることを職場に告げていたのですが、ミスするたび何かとADHDのことを持ち出して、ミスの言い訳にしていたことで、職場の仲の良い先輩から、

「ADHDやってことはわかるし大変やろうけど、何かにつけてADHDを持ち出して逃げようとするのは、これから仕事していくうえでダメやと思うぞ!」

と、本気で叱られました。

そのことがきっかけでハッとしました。

ADHDであろうと何だろうと仕事に対して責任を持つということ、ADHDだといってミスすることの言い訳にせずに逃げないことに気付き、ADHDのせいにしないことを心がけようと思いました。

うまくいかないこと、ミスした原因など、なんでもかんでも「発達障害だから…」というように考えてしまうと、思考が停止した状態になってしまうので、「なぜうなくできなかったのか?」ということを突き詰めて考えるようになりました。

#ADHD #仕事 #就労 #就職 #ADHDのせいにしない

最新記事

すべて表示

【ご質問*2/2】ココマロニャンチュウさんからのご質問

2月2日(土)の「発達障害がある人の就労について講演&体験談」の「はたらくために"いま"からできること」で、会場の皆様からいただきましたご質問にお答えします。 ※ 申し訳ありませんが回答はいち当事者の意見ですので、正解ではありません。回答の通りに実行されて万が一の場合、責任は負いかねますので、あしからず。話半分に見ていただいて、当事者の方、お友達やご家族、専門の相談員の方などからもお話を聞い

【ご質問*2/2】かーこさんからのご質問

2月2日(土)の「発達障害がある人の就労について講演&体験談」の「はたらくために"いま"からできること」で、会場の皆様からいただきましたご質問にお答えします。 ※ 申し訳ありませんが回答はいち当事者の意見ですので、正解ではありません。回答の通りに実行されて万が一の場合、責任は負いかねますので、あしからず。話半分に見ていただいて、当事者の方、お友達やご家族、専門の相談員の方などからもお話を聞い

【ご質問*2/2】名無しさんからのご質問

2月2日(土)の「発達障害がある人の就労について講演&体験談」の「はたらくために"いま"からできること」で、会場の皆様からいただきましたご質問にお答えします。 ※ 申し訳ありませんが回答はいち当事者の意見ですので、正解ではありません。回答の通りに実行されて万が一の場合、責任は負いかねますので、あしからず。話半分に見ていただいて、当事者の方、お友達やご家族、専門の相談員の方などからもお話を聞い