講演のひとりミーティング1


ども、みっとです★

今年も残すところ2日となりましたね。

私は明日の午後までお仕事です。そのあとは嫁さんと一緒に買い物にいっておせち料理を作る予定でおります。

限られた予算でどこまでつくれるか、頑張ります!

大掃除のほうは、ほとんどクリスマスイブに終えており、あとは6帖の自室だけの大掃除を残すのみです。

さてさて、1月20日の白山市での就労についての講演のことですが、先週の金曜日から内容のまとめに入りましたが、

言いたいことが多くてまとまりません!

就労と恋愛・結婚について関心があると思うんだけどなぁと思ってお題にしたんですが、やはり言いたいことが多くなってまとまりません。

今日もメモとにらめっこしながら、あーでもないこーでもないを繰り返すことになりそうです。

発達障害を持つ人の恋愛と結婚。これも、とても大切なテーマだと思っています。

私は昨年から大人の発達障害を明るく語る会「ここらぼ」を月1で主宰させていただいているんですが、恋愛・結婚の悩みを聞く機会が多くなりました。

主に男性の意見ですが、よく聞かれるのが共通しているのが、「収入の問題」と「自己肯定感の低さ」です。

「月収が◯◯万円でとてもじゃないけど結婚できない」、「相手に迷惑がかかる」、あるいは異性から「あなたの収入じゃ心配…」と言われた、という声。

それから「自分発達障害だし無理」と卑屈になっている人。「相手にわかってもらえるか心配」という声。

あとは見えない形でコミュニケーションの問題。コミュニケーションの独特さ、価値観の違いがあって、なかなか恋愛対象になりにくかったり、将来のパートナーとしてみられないケースもあると思います。

独身でいたい!という気持ちでいる人って、自分の周りにはいません。

むしろ結婚したくても、今あげた諸々の事情で結婚できない人、つまずく人が多いんです。

どうしたら、この人たちのお悩みに寄り添うことができるのか、解決の糸口になるお話しができるのか、自分はどこで力になれるのか。

明日以降も引き続き考えていることをブログでお話できたらと思います。

みっと


9回の閲覧